注目の記事 PICK UP!

投資は危険と言われる理由Ⅰ

投資

日本では何故投資は危険、手を出してはいけないと言われるのか?

についてちょっと考えてみたいと思います。

 

私は、自分の老後について考えたときに

ちょっと、いやだいぶ不安になってしまった時期がありました。

 

それはこちらの記事で書いていますが

お金に対する考え方をお金を扱うプロに学んで思ったのですが

 

投資に関しては皆口をそろえて知る前は危険

危ないと思っていたそうです。でも今は違う考え方に賛成

 

正しく知れば危険でもないし危なくもないということです。

お金のプロが口をそろえて言うことがあります。

 

日本人はお金の教養がなさすぎる

お金のプロがです。みんな同じ認識です。

でもそれにはきちんとした理由が共通してありました。

 

答えはシンプルなのですが、学校教育に「投資」というカテゴリや

それに紐づいた授業が全く組み込まれていないからだと言います。

 

そう言われてみれば私たちは小学生に上がり

高校までそんな授業は1ミリも受けたことがないです。

 

大学に入っても、経済や金融など専門で学んで行かない限り

投資に関しては全く触れることがないまま社会人になっていきます。

 

社会人といえどもお金に関してはひよこ以前の卵・・・。
お金に関してもさほど学ぶ機会がありませんし

 

学ぶと言えば家族からお金は大切にしなさい。貯金しなさい。

それくらいしか言われてこなかったのが実際・・・。

 

そして初めての投資話にお金が増えるなんて言葉に惑わされて、渡したお金が返ってこない・・・

何て結果になるのが大体のパターンです。

 

世に出ている投資案件の98%は詐欺だと言われることもあるように
巷にはびこる投資案件でちゃんと帰ってくる案件は皆無だそうです。

 

お金のプロフェッショナルといっても

それぞれ違う専門ですが、共通することが「お金」というキーワードです。

日本のお金の教育は世界の教育と比べてどうなのか?

「お金」に対する日本人の価値観と世界から見た価値観

そしてお金に対しての教育が世界の教育と比べて日本はどの様にされてきたのか?

 

ということを知らないと実際に投資という考え方はなかなか理解できないと思います。

経済的自立をして、お金を稼ぎたいのに、そのお金を学ばずにどうするの?という感じです。

 

一通り学び、理解ができると
今までのお金や働き方に対する価値観がきっとガラッと変わってしまったり

 

また今までの自分を否定されたような気分になってしまうかも知れませんが

その違和感が起こったらチャンス!と考えてください。

 

汗水流して働いたお金が対価だ。

何故なら実は私もそうでした。汗水流して働いたお金が対価だ!
って、心底思っていました。

 

私はずーーっと、頭で稼げる人は一部の人で、自分のようなほぼほぼ学歴の無い

一般人以下の人間は体で稼ぐしかないと決めつけていました。

大好きだったスイーツを作る仕事に朝から晩まで働いて疲れて帰ってきて、
お風呂につかる元気もないまま、また翌朝4時半に起きて仕事・・・

 

このような毎日を送り、個人事業主ということもあり気持ち的には充実していましたが

自信が体調不良で倒れた時の事です。

 

考えることはお店にいらっしゃるお客様のこと、仕込みが出来ずに商品が作れない心配、いったいいつになったら回復するのかの恐怖・・・

「あー・・・一人って自分がつぶれたら全て、何もかも破滅に向かうんだ・・・恐怖・・・」なんて初めて思ったのもこの時でした。

この頃まだ子供はいなかったのが不幸中の幸いでした。
今考えるとゾッとしますが・・・^^;

 

自分が倒れてはじめて不労所得を意識した

そんなことが原因で、自分の仕事以外での副収入を探し始めたのもこの頃でした。

何故私がこうしてブログでお伝えするのか?ということですが

 

このブログをお読みいただいているのはシングルマザーかもしれません。

もしくはシングルファーザーかもしれません。

 

勿論シングルでなくても、このコンテンツはお読みいただけます。
これから離婚したいと思っている主婦の方かもしれませんし(笑)

 

何かしてみたい独身の方かもしれないですし。
私は女性としてこの日本という国で生きることの不便さや理不尽さを

 

海外生活で多分人より多く感じ経験してきました。
自由の国フランスと、イタリア、カナダに住んでいましたが

 

住んだ期間は長くなかったものの

女性の仕事に関する価値観や結婚の価値観が日本のそれとは

 

全く異なっている事に直面し様々な経験をしました。
そんな経験が元になり、自分が体調を崩して

 

仕事が出来なくなってしまったことが重なったのもありますが

日本の専業主婦という価値観や文化について疑問と不安を持ったのがきっかけでした。

もっと女性はイキイキと輝いて仕事や自分で生きる術を付けなければいけない・・・

 

と強く感じました。実際に私が何をしているのかというと

個人事業主から株式会社を設立し、自宅オフィスで殆どパソコン一つでビジネスをしていますが

 

投資と言っても、難しいことをしているのではなく
不動産と、お金の分散投資をメインに、分散の分散をしています。

(意味わかりませんよね^^;)

 

分散投資というのはりクスを減らすために、1か所集中して資金を投入するのではなく

色々な商品に少しずつ資金を投入していくといったイメージです。

 

そんなシングルなんだから、貯金も余裕資金もナーーーい!!
って思ったあなた、そうですよね^^;

 

大丈夫です、資金ゼロでも不動産投資はできます。
はい?って感じですよね^^私もそうでした。

 

この辺りについては次の記事でお伝えしますが
女性は一気に資金を増やす投資スタイルより、コツコツ行った末に

 

結果大きくなる投資スタイルを私はおススメしています。

直ぐにでもたくさんのお金が欲しい!!!という方は不向きですので

 

ここでのお話はあまり役に立たないかもしれません。^^;

では、どんな投資法かというのを次回綴りたいと思います!

 

お読みいただきありがとうございます♡

 

 

 

プロフィール

はじめまして。シングルマザー起業家のMEGUMIです。

離婚後シングルのまま子供を産み

 

産後2か月半で保育園の一時保育に預け仕事復帰。

パティシエと飲食の経験からカフェコンサルをしていました。

 

パティシエールをしていた頃は朝5時から夜遅くまで仕事をするのが当たり前。

個人事業主として10年以上ケーキを作る仕事をしていました。

毎日甘いものに囲まれ、それはそれは不健康な生活をしていたと

今振り返ると恐ろしくもあります・・・

 

当時は子供がいなかったので、保育園の入園の

大変さや子育てに関しては全く知らず分からず

 

またシングルマザーの大変さも知らず

現実を身をもって体験することになります。

一時保育料金の高さに唖然

何とか子供を預けて仕事復帰したまでは良かったのですが

一時保育の料金は自営業だった経費にも充てられないと知り

唖然とします・・・

 

1時間500円、週末は700円・・・時給で仕事しているお母さんだと

働いている意味がないとは言いませんが、ものすごく大変な現実です。

 

結構国って冷たいのね、とびっくりさせられました。

保育園に預けているママならわかるはず・・

 

以前より興味のあった不動産や様々な投資への経験や勉強を重ね

資産を構築していく投資の道へのしっかりと踏み込むと決意し

 

不動産投資に関しては運よく出会えた師より

知り得なかった様々な目からうろこの手法を学びました。

(現在も学んでいます)

世の中には本当に知らない事ばかり

 

勉強を重ねるごとに

世の中は知らない事ばかりなんだと改めて感じ

 

学び続けることの大切さを日々感じています。

現在は会社の代表を務めながら

 

 

不動産投資、資産構築、保険商品の案内から

ライフプランコンサルタントそしてフードコンサルタントなどをし

 

 

子育てに奮闘しながら我が子の将来や自分の老後を

より良い未来にするため毎日を送っています。

 

 

趣味はゴルフ・ピアノ(最近全然ですが)お料理(仕事とも言いますが)

シングルマザーでもできるリスクの少ない「分散投資」や

 

海外口座を開設する魅力、利率が良い保険商品などをお伝えしています。

 

シングルマザーでも少ないリスクで資産を大きく構築できる無料メルマガ講座

 

発行していますのでよろしければ是非学んでみてください。

 

より詳しいプロフフィールはこちら

 

Follow me!

関連記事

  1. 資産作りの「極意」子供とお金の教育について、海外から日本を見る。

  2. 投資に欠かせない複利とは?女性に優しい積み立て投資。

  3. 美人が集まるお金の勉強会に参加してきました。

  4. 福利の仕組みって?ラストスパートに雪だるま!

  5. セレブは知っている当たり前の資産構築

  6. 投資

    投資は危険と言われる理由Ⅱ

  7. シンママパートでもローンが組める!?圧倒的に得するマイホームの考え方

  8. シングルマザーの賢い貯蓄方法とは?

  9. シングルマザーの賢い貯蓄方法とは?その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP