注目の記事 PICK UP!

ダメ男を好きになる心理?

全ては勘違いからなのか・・・

 

結論から言いますとちゃんとした大人の女性なら友人などからの客観的な意見は

自身の恋愛において大切な事は分かるはず。

 

自己肯定感が低い

それでも良いと思えるなら別ですが 自分でも違和感を感じているなら注意。

かくいう私も違和感満載でもお付き合いが長かった人もいましたので

 

 

気持ちがよくわかってしまいます・・・。

出来る女はダメンズ志向などと言われる理由も多々ありますが(自分ができると言っているわけではありません 笑)

 

今日はダメを世話する自分に存在価値を見出している場合

こんな自分でも役に立つ、彼の救いになっているのかも・・私じゃなきゃダメなど・・

 

 

とんでもないですけどね・・・(笑) 飛んだ勘違いというやつですかね。

 

 

そんな人に共通しているのが「自己肯定感の低さ」

自分のことがちゃんと好きになれていなかったり、自分はこんな程度の人間だとか大したことないとか・・・

 

どうなんでしょう・・。実は自分もそうでした。 素直になれずに意地を張ってみたり

それが原因で可愛くない人になっていたり、弊害が多々あったような記憶です。

 

そんな人のことを専門的には共依存(コ・ディペンデンス)というそうです。

 

必要とされていないとダメ・・・必要とされることを必要としている状態だそうです。

共通しているのが、自己肯定感が極端に低いそうです。

 

私自身もそんな時が当た気がしますし、今だに引きずっているかもしれませんが!?(笑)

 

本当に求めているパートナーって?

掘り下げてみたことがなかった方は要注意。

本当は甘えてみたかったり 向こうからギューッとしてもらいたかったり

 

書いていて非常にお恥ずかしい話ですが

正直言えばそうだった自分に気が付かされたりして成長していく。

 

こんな自分をしっかりと正面から受け止めていくトレーニングです。自分と向き合うとは

自分の感情にフォーカスして向かい合う。

 

自分を認めて素直になれるパートナーに出会えるって素敵なことですよね。

特にこの「自己肯定感」というところは日本人は非常に低いそうです。

 

最近は自分を労ってあげて癒していけるようになりました。

何事も経験かなぁと実感中ですが、是非同じような経験や

 

思い当たる節がある方は、自分の感情と向き合って、自分がどんな時に幸せを感じるのかを

掘り下げていってもらえたらと思います!

 

自分と向き合う時間は大切です。

 

遠回りしたなぁ・・・なんて。^^;

 

じゃぁ自分はどうしたいのか?

そう考えたときに、イメージでもよいので自分と向き合い、自分の理想を掲げることです。

自分はこういうのが好き、癒される・・・こういう人と一緒にいたい・・・

 

とことん掘り下げて書き出してみたことはありますか?

 

で、私はどうしたかというと!?

男は面倒くさいので今のところ要らない!という結果に落ち着いています。(笑)

 

答えになってないじゃない!!なんて言わないでね^^;

 

寂しくなったらいればよい?!でもよいかと思いますし、自分が一番楽しんでいられる環境にしておくことの方が自分には大切。

 

何を優先順位とするかですよね。だからこれは皆がみんな違うものだし、誰に何を言われることでもない。自分の好きを最優先して、人に迷惑が掛からなければ良いと思います。

 

ダメ男を好きになる理由も様々かと思いますが、もっと自分にフォーカスして

理由を探して解決していくと、策が見つけやすいかもしれませんね!

 

まとめ

ダメ男を好きになる人は自己肯定感が低い

自分が何を求めているのか気持ちにフォーカスする

自分の気持ちを受け止めてあげる

他人の迷惑にならぬ様、自分の理想を追求する。

 

もっと良い意味で自分軸で考えられるようになれるといいですね!

 

お読みいただきありがとうございました!

 

Follow me!

関連記事

  1. 平塚総合公園を楽しむ!

  2. イヤイヤ期こそ伝える・ということの大切さ

  3. 専業主婦は日本の女性を弱くする?

  4. ママが助け合う子供食堂「江戸おにぎり100万人プロジェクト」

  5. オーラが見えてしまった時の話

  6. ダイエットで糖質制限てどうなのか?

  7. 生年月日とリアルで診るオリジナルオーラ診断

  8. 理想的な結婚生活やプランとは?

  9. 最速で理想の自分に近づくための方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP