注目の記事 PICK UP!

母親が嫌いでした。ダメですか?

こんにちは!Hiramegです。

突然ですが、私は母親が嫌いでした。

この記事は

  • 自分の母親が好きになれない
  • 母のことが嫌いで全く理解できない
  • そんな自分はいけない?まだ子供?

そんな風に悩んでいる方がいたら
このページでちょっと心が軽くなるかもしれません・・。

実際に私が経験したことを元に
そして長年見てきた家庭での親子の関係
自分が感じて経験した体験
過去悩みを相談された内容を元に
まとめてみました。

この記事を読んで

第三者の目線で自分の気持ちや親の気持ちに気づくことができた。
イライラしていた気持ちが落ち着いた。
どう対処すれば良いのか理解できた。

そんな風に自分の気持ちの変化があったと
メッセージをいただいています。

自分の母親や、親が嫌いです

私は以前、この様な悩みを聞いた経験が多かった気がします。

そして、私自身もこの様な事で悩んだ時期がありました。
おかんムカつく。

単なる反抗期か!?

いや、その時期完全にすぎてるよね。^^;

別に好きじゃなくても、嫌いでも良い。
無理して好きになろうとするから嫌いになる

 

これ、正しくは
無理して好きになろうとするのではなく

子供って、親子のとを好きでいたい。そもそも好きで生まれてきている。
という事実をまず受け入れないと話が進められないのですが

嫌いになった理由が必ず何かあるんです。思い当たるところはないですか?

だからちょっと理想から離れただけでもガックリしちゃったりする。
それだけ期待が大きいということ。そんな自分にまず気がつかないといけません。

私は小学生の頃、中学生の頃、そして高校生の頃と
いろんな部分で母親があまり好きではありませんでした。

でも今振り返ると、年齢によって嫌いな部分も変化していったな・・
なんて思ったりします。

別に嫌いでも良い。

母親自体は好きです。
何が嫌かって、こういうところが好きではない・・

そのようなところに収まれば全然OKだと思っています。
ある部分は好きでなくても仕方がないですからね・・・

だって、完璧な親なんています?
もしそうだというなら、その完璧な親の何をあなたは知っているんですか?

と聞きたいです。
誰かの親を見てそう思うから?

羨ましいとか思うならそれはその部分だけを見て
そう思っていませんか?

親だって普通の人間です。完璧でなんかないですし
じゃぁ自分は完璧な人間ですか?

って言ったらみんな完璧でなんかないし・・
でも子供ってそもそも親は信頼したいいきものなんですよね。

あるいは信頼できる存在、もしくはそういて欲しい

そして親として尊敬したい
人間として尊敬できる人物であってほしいと
無意識に思っている生き物です。

ここ、重要ポイントです。

その親の子供として生まれてきて
初めて経験する社会が家族です。

そしてその一番誇れる存在が自動的にもう決まっています。

それなのに、その誇れる存在の親に
人間としての粗が見えてしまった時や
自分の理想と離れた一面を見てしまうと

その尊敬の念がかき消される‥
その度に嫌いになって行ってしまう。

単純にいうとこのようなロジックが基本にあります。

あなたはそんな経験は無いですか?
私は大あり!でしたよ。

親なのに、ああしてくれなかった
こうしてくれなかった

友達の親はこうなのに‥など
気が付けば他の家族の親と比べている始末‥

私はそんな時期を自分自身も過ごしてきたな‥なんて思っています。

□例えば私の場合で言う簡単な例だと・・・

・○夜遅くても、何も言わない
・○留学しても、電話一本よこさない
・○いつも洗い物が山積み

などなど、他人から見ればどーでもいい事ですが‥笑

自分としては、ちょっと寂しくて
もっとかまって欲しかったんだな

なんで、今となっては全然理解ができるのです。
(ここでは可愛いこと書いてますが、実際には書けないこともあります)笑
その当時(カナダに留学中)は、周りの留学仲間が

実家からダンボールに詰まって送られてくる
愛情たっぷりの食材や日用品を見ては

結構羨ましく思い、自分は何も気にされてないのかな?
なんでなんも送ってきてくれないんだろう?
なんて思う様になってしまった経験があります。

今考えると、贅沢な悩みだわと。

□母親の生い立ちを遡ってみる

私の母は
養女という家庭環境で育ち、義母からの愛情は
ほぼ無くして育ったという事を聞いて

初めて納得できたと言うか、府に落ちる経験をしました。

自分の親がどんな環境でどんな育て方をされたのか
実際に聞いたことはありますか?

親って、自分が母親になって初めて感じることは
子供には余計な事はあまり話さないし、話したく無い

自分が経験した辛い事も話したく無いし
出来れば伏せておきたい。

そんな風に思う。。

ましてや小学生から高校生の自分の子供に
自分が辛かった経験や思い悩んだ事を
話す親の方が珍しいと思います。

子供が社会に出て、親になって初めて
ポロッ

ポロッと

そんな話をしてくれる機会があるか無いか?
なんじゃ無いかと思います。

私の場合は母が自分の
義母から愛情を貰えなかったエピソード

もはや虐めに値する出来事が結構あったらしく
大人になってから聞いて初めて

今の母親という人物像が出来上がったんだなと
そんな風に理解する事ができました。

なので

イライラする事も減りましたし
理解に努める事もできるようになりました。

正しくいえば、理解に努める姿勢が
できるようになったということです。

□母親も1人の人間、完璧では無い。

ついつい自分の親に対して無意識に
そして必要以上に尊敬の念や期待を抱いてないか?

ちょっと振り返る時間も必要だと思います。
子供って、その尊敬の念だったり
自分の誇りとなるアイデンティティの部分を

親に支えられている
と言っても大袈裟では無い気がするからです。

でも、親も1人の人間です。
至らないところもたくさんあるし
欠けているところもたくさんあると思います。

じゃぁ私は今の自分の子に対して完璧な親?
って言われたら、はっきり言ってはいそうです!

なんて返事できませんからね(^◇^;)

自分の親は完璧で尊敬する値にある。
と言う方はそれはそれで素晴らしいですが

自分が年齢を重ねてくると
その親のちょっとおっちょこちょいな部分や

弱い部分を垣間見る瞬間が増えてくる
と言うか、自分が社会に出て成長しているからこそ
感じ取ることができる部分なんじゃないかと思います。

■若いからこその親嫌い

自分が大人になった時に
初めて気がつく事が沢山あります。

離れて住んでいるとなかなか気がつきにくかったりしますが

久しぶりに実家に帰って親を見ると
なんだか少し小さくなっていた‥

なんて経験をされる方も多いと思います。
人は歳をとりますが当然です。

私の母も昔より確実に小ちゃくなりました。笑

若い頃は、親の立場になって考えられないことがほとんどです。
なんで自分の親はそのような行動や対応なのか?

そこを掘り下げたり、追求ができる余裕もないですし

◻︎親の愛情に気がつく

自分が理解できるように愛情表現してくれる親はあんまりいないのが実際です。

でも、なんだか無意識に
理解出来る愛情を求めています。

そんな自分にまず気がつく事が大切。

自分が求める愛情と
親がくれる親なりの愛情は違う

その温度差や価値観の違いで
すれ違っている事が多いのかなと思います。

自分のためにご飯を作ってくれたり
何かを買ってきてくれたり

注意深く観察すれば必ずその愛に気がつくはずです。

多く感じても、少なく感じても
それが自分の親の愛情なので

嬉しく味わって感じてほしいなと思います。
あなたの親なりの表現に気がついたら

それはもうしめたもの?!

日々親なりの愛情に気がついて
今までよりもなんだか心がホッコリする瞬間を

感じるかと思います。

私が母に対してホッコリする瞬間を
ほんっとちっちゃな事ですが・・・

ウチの母、私に勝る個性派でメッサおもろいです。
次回綴ってみようかと思いますが・・・

いかがでしたか?
親も一人の人間として考えたら

自分とは上手に切り離して冷静に
また客観的に色んなことが判断できるのではないでしょうか?

私は高校生くらいの時にそんなことに気がつきました。
上手に全てができるわけではないけど

イラっとした時には
そんな思いに向かい合います。

もう私の母も今年76歳を迎えます
あと一緒にいれるのも20年もないのかと思うと

毎日を穏やかに良い思い出をたくさん作りたいなと思います。
でもたまに言い合いもするけどね!笑

仲の良い証拠ですかね・・。

完璧を求めすぎず
楽しんで向き合いたいです。

お読みいただきありがとうございました^^

Follow me!

関連記事

  1. 大切な子供たち・これからの時代を生き抜く力とは?

  2. コレって変?

  3. 世界第2位の企業の創業者とお茶会してきました。

  4. 成果を出す手っ取り早い方法は英会話と同じ!

  5. 自分らしい仕事の見つけ方「自分の評価の軸を知る」

  6. 【銀座ホステスNo.1から学んだ】モテる女性の3つの特徴

  7. 穴場の海水浴場!宇佐美でほっこりアサリで遊ぶ♪

  8. なぜ日本人は日本と自分の魅力に気が付きにくいのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP