注目の記事 PICK UP!

女性がビジネスパートナーを選ぶときの注意と5つのポイント!

自分に合ったパートナーを選ぶことができれば

ビジネスは飛躍的にステップアップできると言っても過言ではありません。

 

私はメンターから、ビジネスは何をするか?なのではなく

誰と組んでビジネスをするか?

 

によって伸びの差が断然に違うということを学び、教えてもらいました。

確かに、現状でうまくいっていない人と一緒に組んでも

 

 

なかなか上手く行かないのはなんとなく分かります。

そのビジネスが本当に魅力的でも花咲くまで時間がかかっても良い場合以外は

 

 

早く成功したいなら、今成功している人に学び忠実に実行していく・・・

これが何よりの近道だと成功者は口をそろえて言います。

 

自分自身がプレイヤーであるか、プロデューサーであるかいずれにしても

そこを意識してやらないと事がうまく進まないと言われました。

 

どんなポイントを選べば良いか?

 

今日はたくさんある中でも重要だと思う5のポイントを、実体験も踏まえてお伝えさせていただきます。

①自分の価値観と似ている人

あまり重要視している人が少ないのかもしれませんが、ここが違っていると、人は好き嫌いで動く感情の生き物なのでなかなかかみ合わなかったり

真似ようと思っても上手く行かなかったり、前に進みづらくなります。

 

なので、女性は特にビジネスだからと言って淡々と割り切ってというより感情で生きているので

なるべくなら価値観の似ている人と組むか、もしくはきちんと方向性やビジョン

 

その思いなど理解して納得したうえで進まないと後々違和感が出てきて

モチベーションも上がらずに結果的に、仕事が捗らないということになりかねません。

 

②ある程度過去を知る人物

出会って間もない人や、1年も知らない人など、気が合ったからという理由でタックを組んだり

新規ビジネスの立ち上げをすると、思わぬところでのすれ違いが生じて

 

せっかくお金を使って色々準備したのにダメになってしまった・・・なんてことは

割と良く聞く話です。そしてまた昔からの友人と共同経営でビジネスを始めて

 

結果、仲違いして不仲になってしまうことだってあるのに、まだ相手をよく知らない

理解していない段階でスタートしてしまうのは

 

 

昔からの友人よりも更に増してそのようなリスクが高くなるということを

知っておいてよいかと思います。

 

 

③余裕のある人・金額で揉めない人

人間誰しもお金が足りていないと、まず自分を潤すことを考えています。

ビジネスで上手く行っている人に教わる方が良いということは

 

 

金銭的にも余裕があるということですよね。なので余裕のない人はビジネスでも上手く行っていない

と言うことです。 金額で揉めない人というのは、自分自身も同じ立場ですが

 

 

お金の話は口頭で約束したり、大体このくらいの値段で、という話で進むことが多いと思いますが

実際にビジネスが進む前にきちんとした提示額を求めたり、表示してあげないといけません。

 

 

そのための見積もりだったり、打合せがあります。

 

 

これは実際に私が経験した話ですが、イベントをする際に1回目はお試しなので料金は要らないという風にお伝えして、でも先方から申し訳ないのでと言うことで、10万円で受けた仕事でしたが

 

やってみて相当大変だったので「次回はその金額でも厳しいので、別に頼んで欲しい」とお伝えしたところ

「20万円でやって欲しい」と言われ、それでも少ないと思われましたが、引き受けたところ

 

 

先方は1週間後にそんな金額を忘れていたらしく、10万という金額を言ってきました。

そこで言い返そうかと思ったのですが、こういうお話は自分としては「精神的に疲れる」

 

 

内容だったので、またその方はそのようなことが今後きっとあると思い

その後は全てお断りすると決めて黙って引き受けました。

 

 

私もそこでしっかりと確認すればよかったですが、当時疲れてそんな風に思えなかった自分がいたので、それはビジネス的にいけないかったとも反省しています。

 

 

この様にならないために、ビジネスパートナーとの金額のやり取りは

 

 

ラインだったらノート機能を使って、もしくはメールなどでしっかりと

記述が残る形で決めていかないといけません。個人事業主やビジネスを外注にしたり

 

 

広げていく段階で、こういう事例は結構あると言われているので、皆さんはこう話らないように

気を付けてしっかりと確認して進めていってくださいね^^

 

④ビジネスマインドが無意識でできている人

ここはちょっと深いですが、ではビジネスマインドとは何か?というところです。

世の中のビジネスは殆どと言ってよいほど「人様のお困りごと」に対しての

 

サービスを売っていると言っても過言ではありません。

そのお困りごとに対する具体的なサービスでジャンル分けされているのですが

 

ただやみくもに、自分の理想を掲げながら全体像をとらえてビジネスに取り組もうとしている人は

ビジネスマインドが低いと捉えます。

 

どういう事かというと、例えば「地域活性」をして人の役に立ちたい、地域活性は人が集まる

人が集まるということは、そこでお金が生まれるということなので、人の役に立ちながら

 

利益を伸ばしたい。と言った理想がある

それに対してイベントをやったり、人を集めて活性化させる。人が集まるところには自然と

 

 

利益が生まれるようになると言って、明確なビジョンや集客、そこでやった後に繋がる具体的な商品(商材)も準備せずに、頑張ってイベントを企画して毎回開催している経営者の方がいましいた。

 

理想を聞いていると、確かにそうだよなぁ、とは思うものの

人集めの先に商品がない。やって終わり・・・これは非常にもったいないです。

 

 

そしてそのイベントの反省や次回に繋げるアクション、そうですここでピンときた方は

色々とビジネスを勉強されてきているかと思いますが、知ってるよ、なんて言わないで

 

お読みいただきたいです。

 

PDCAのサイクル

P=Plan,  D=Do, C=Check, A=Action

 

企画→実行→改善(反省)→実践

ビジネスはこの繰り返しです。

 

 

過去の反省を生かし修正して実行していく。たったこれだけなのですが

ワンマン社長の会社が陥りやすい失敗例とも言われているので、ここを意識するだけでも

 

 

ビジネスは遠回りなようで、一番の近道だったりします。話が逸れましたが

 

 

その経営者さんは大変もったいないことをして、人と人を繋げて満足しているだけなのか

わかりませんでしたがもっと違うやり方や、集めた先に何をするのか?

 

 

人集めで終わって、また同じことを繰り返している社長さんが多いなぁと私は感じました。

これは悪い例ですが・・・

 

 

ビジネスマインドがしっかりというか無意識で出来ている人は、今やっていることの先の利益をしっかりと考えています。それが、全体のイメージはもちろん、最終的にとても細かいところまでのアプローチを理論的に考え

 

 

落とし込んで実行していきます。私のメンターの皆さんが全てそうです。

4人のメンターのうちの3人はしっかりとしたビジネスを構築し、会社を2つ、3つと経営されて既に資産が億を超えていますが

 

 

常にそのようなマインドでビジネスを構築する際に考え取り組んでいます。

 

⑤素直である人

女性は人を見る目がある人とない人の差が大きいと感じます。

また、若い時には正しい判断もできません。

 

 

そして私も全然人を見る目がなかったと思います。今でもそうかもしれませんが(笑)

実際に私もビジネスでは男性から「あ、なめられてるな・・・」

 

 

なんて思ったことも多々あるからです。悔しい思いもたくさんしました。

自分の中で見極めていく。共に進む中のコミュニケーションで相手を知っていくのですが

 

 

素直な人とは・・・?

これは年齢を重ねるごとになかなか難しくなってくるかもしれませんが

 

立場のある人間になればなるほど、「知らない」ことへの自分へのプライドが崩せません。

知らないことを素直に「それ知らないから教えてくれる?」

 

の一言がだんだん言えなくなるのです。

女性はその点ちょっとお得?なのかもしれません。

 

ビジネスにおいてまだまだ女性が起業して活躍している割合は少ないので

それはどういうことですか?などじゃんじゃん質問が出来るからです。

 

知らないことを笑ったり、バカにしたり、からかったりする経営者の方はできる経営者とは

言えないとキッパリと申しておきます!

 

 

「知らなくて当たり前」というスタンスで、分からないことはどんどん聞いたりできる人は

成長も早いと思います。なので素直さは成長の武器と成り得るのです。

 

 

そして最後にまた重要な事ですが!

女性がビジネスパートナーを考える時に注意の一選!

これは多くの女性が男性に対してまだまだ分かっていない部分だと思いますが

下心で近寄ってくる危ない人もいるということを

 

常に頭に置いていないといけません。

これは生物学的見解で、メンタリストのDAIGOさんも言っていることですが

 

男性は本能の「自分の種をまき散らす」と言うことを、多い時では1分に1回考えている

 

 

と言うことです。笑えるかもしれませんが、本当のお話です。

特に性欲が強いのではないか?と思うかもしれませんが

 

 

「あわよくば」的な考えは多かれ少なかれ男性誰しもが持っているから

気をつけなさいと言われたことがあります。

 

 

食事や飲みに個人的に誘われて行くことや、仕事の為だからと理由を付けずに

必要でないと判断したら行くべきではないと思いますし

 

 

行くなら必ずグループで集まるなど自分なりの配慮が必要だと思います。

なので、可愛い女子の皆さんは、自分の身を守るためにも

 

 

少し意識して、注意して(笑)ビジネスパートナーとビジネスのお付き合いをしてくださいね。

それ以前に男性ではなく女性のパートナーでしたら何ら問題はないかと思いますが^^

 

まとめ

今日はビジネスパートナーを選ぶポイント5つをお伝えしました。

 

・女性がビジネスパートナーを選ぶときは自分の価値観をよく掘り下げて

自分と向き合い、好き嫌いをはっきりとさせておいた方が良い。

・女性は感情的に動く人が多い。

感情的と言っても、一言では伝えきれませんが

人によって感性も違うからこそ自分を知る必要があるということです。

・ビジネスで上手く行っている人と組む

・PDCAのサイクルが基本

・素直さは成長の武器になる。

・女性が気を付けるのは男性のあわよくば精神!(笑)

 

お読みいただきありがとうございます。^^

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 簡単にビジネスの成功気流に乗るには?

  2. シンママが「好き」を仕事にするには?

  3. 女性の起業が上手く理由

  4. 自分らしい仕事の見つけ方「自分の評価の軸を知る」

  5. 知らずと損する会社設立について!

  6. デキる人の逆転の発想!

  7. 成功する人としない人の違い

  8. 意外な落とし穴!法人口座開設について!

  9. 会社設立に気を付ける準備と順番!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP