注目の記事 PICK UP!

知らずと損する会社設立について!

こんにちは!

シングルマザー・・・会社設立に向けていろいろ進めていました。

 

先月25日に無事登記完了!司法書士さんにお願いしましたが

お願いしないで作られる方も多い気がします。

 

今日は会社設立するに当たり、知らなければ損する大切なことを書きたいと思います!

 

さて・・・法人立上げに関しては司法書士さんの手数料8万円。

高いとか、相場だとか、いろいろ言われますが自分で納得すればそれでよし。

 

法人手続きに関しては、税理士事務所さんが記事をアップしていたりしますが

実際に素人が!?設立まで綴った記事があまりなかった気がしました。

 

 

年間の所得が200万以下でも、個人事業主だと母子家庭でも

年金を払い、市民税、健康保険などなど、支払うものがまぁまぁあります。

 

 

母子にやさしい日本かと思っていましたが、全然!!

声を大にして叫びたい。

 

 

全然やさしくなんかないじゃないかー!!

という訳で、なぜ法人を設立するとそのような税金が

個人事業主よりも優遇される結果になるのかというと・・

 

その1・損益が9年も繰り越せる

まず日本は法人が非常に優遇される国だからです。

 

先ずそのことに気が付かないといけません。

 

具体的に言いますと、たくさんありますが大きいのが損益の繰り越しです。

 

どういう事かと言いますと(ここでは簡単にわかりやすくするためにいろいろ端折って伝えますが)個人事業主が赤字を出しても、翌年に持ち越せないんです。

 

法人だと、なんと9年もその赤字が経費で繰り越して計算できるということです。

※この期間がさらに伸びるかもしれないと国会で会議されています(2018年現在)

 

まだぴんと来ない方もいるかと思いますが、設立2年超えたら売り上げ1000万以上は消費税がかかることと、資本金が1000万越えの会社は初年度から1000万以上売り上げると消費税が発生することは

 

お伝えしたかと思います。9年も損益が持ち越せるなら、少しずつ1000万円ある売り上げから単純計算ですが、マイナスして950万円の売り上げにしたら消費税80万円がなくなるということです。

 

ちょっとややこしいですかね^^;説明が下手だったらすみません。

 

がしかし!設立にお金がかかったり、年間の税理士さんの経費を考えると・・・・

何て迷っているうちにどんどん月日は流れていきます。

 

その2・売り上げ1000万が目安!?って本当?

これは書籍や様々なところでよく聞きますが

初期であればもう少し軌道に乗ってからなどと考えるのも無理はないかと思います。

 

がしかーーーし!!それは大きな勘違いでした(私の場合)

不動産の場合は個人の所得とはまた違う部分があり、色々ときちんとプロと相談しないと

 

払わなくてよい税金というのを持っていかれてしまいます・・。

危ない。

 

なぜ1000万円以上と言われるのか?

それはここでは少し説明を分かりやすくするために割愛しますが

 

たった30年以上前の法人の設立や税務申告の条件などについて結構変わっている法律があるんです。でも、その法律の変化に対応していないのが現在の税理士さんたち。

 

平均年齢が60歳以上の税理士さんが、この法律の変更など知っている人があまりにも少ない現状があるそうです。(私の顧問税理士曰く)

 

なので、上手な節税ができない爺さん税理士が巷にはびこっているのが現実です。ですので、税理士さんは、民衆寄りの若手の税理士さんをお勧めしたいです。

 

その3・法人名義にした方が絶対お得

そして不動産の固定資産税や相続税についても知らなければ

お金は貯まらないどころか、減ってゆくんです。

 

お金持ちがずーっとお金持ちは何故なのか・・・?

税金をしっかりと知っているからこそできる術。

 

なので、お金持ちはこの資産を法人名義にしたり、どの部分で個人名義にしたりするのか

また、法人をいくつも持つことによって節税して資産を守っているのです。

 

そして相続税の金額も引き下げられました。政府は税金搾取にえっさほいさ

色々な策を考えては突き付けてきますから・・・。

 

私は不動産投資をメインに会社設立をしましたが

別に収入がたくさんあるわけではありません。

 

個人事業主で従業員をたくさん雇ってしまっている人は話が変わってきますが

お一人様でビジネスをされているのであれば、120%法人化をした方が良いと

私は自信をもってお伝えしたいです。

 

 

ということで今日は法人設立と税金について少し綴りましたが

ちょっとわかりにくかったと思いますので

今度レポートにしてまとめてみたいと思いました。

 

シンママで所得が300万以上の方は法人!

これは、冒頭に申しました200万円でも法人を勧める理由をお伝えしましたが

法人をお金持ちにして、個人(かくいう自分自身ですね)を低くして

 

もらえる手当は全てもらいましょう!ということなんですよね・・・

会社に利益が出るまでの役員報酬が103万以下なら、あの疑問な年金まですべて免除です。

 

そんなんずるやんけ??と思ったそこのあなた

正直者は・・・・〇〇をみるではないですが

 

別にずるでもなんでもありません。ちゃんと法人化して今後利益を出していけばよいだけの話です。

世間は会社の社長というだけで、一歩引いた良い意味でのまなざしとなります。

 

そしてそこから新たな可能性が広がり仕事も広がるということです。

 

具体的に個人事業主で300万円の所得だと支払う税金と

例えば会社で300万儲けて役員報酬を少なくするとでは、月とスッポンの差があるのです。

 

これについてはメールマガジンで詳しく述べていますので、是非登録して読んでみてくださいね!

今日のまとめ

・損益が9年も繰り越せる法人

・売り上げ1000万以下でも法人化は得する

※これは、会社の目的や個人の目的によって違いますので、例えば住宅購入や与信(ローン)や借り入れを考えている人には向きません)

・税理士さんは若手の民間よりの考えの方をお勧めします。

 

以上、ザックリですが現在で知り得る限りの内容を分かりやすくまとめてみました!

参考になればうれしいです^^

お読みいただきありがとうございます!

 

Follow me!

関連記事

  1. シンママが「好き」を仕事にするには?

  2. 簡単にビジネスの成功気流に乗るには?

  3. 会社設立に気を付ける準備と順番!

  4. 意外な落とし穴!法人口座開設について!

  5. 何故女性はもっと社会に出た方が良いのか?

    夫がサラリーマンだからできる超得する起業レシピ!

  6. 女性が起業するとき自信のある人なんていない

  7. デキる人の逆転の発想!

  8. 女性がビジネスパートナーを選ぶときの注意と5つのポイント!

  9. スタバのおもてなしからビジネスを学ぶ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP