注目の記事 PICK UP!

大切な子供たち・これからの時代を生き抜く力とは?

今日は最近とても強く感じる事
そして大切な子供たちの未来に必要な力と題して

ママたちに少しでもお伝えできればと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏休み近所の子供達と逗子海岸へ

電車に乗り継ぎウキウキでパプリカダンスを踊る息子とお友達。
子供四人連れての電車は大変だったけどね〜(^◇^;)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私達の子どもが大人になる頃は、
今の仕事の半分以上は無くなっているか

 

ロボット=AIに代わって奪われている・・・と表現するのが
正しいのかは分からないけど

 

確実にそのような時代に突入することは
ビジテスをしていてもう既に始まっていることを感じずにはいられません。

 

様々な職業が、ロボットに代わり
そして今、私達が知っている職業はどんどん無くなっていく・・・

 

そんな話を聞いたことのある人も少なくないと思いますが・・・

 

身近な例だとニューヨークのAmazon Go
アプリをダウンロードし自分でお会計をするのかと思えば
そのままお店を出れば自動会計。

 

ここは私が言ってみたい場所でもありますが
なかなか実現しない場所(笑)

まだまだ改善点はあると言われますが

お客さんは

  1. 「AndroidまたはiOS端末(スマートフォン)」
  2. 「Amazon Goアプリ」
  3. 「Amazon.comのアカウント」
    この3つ所準備が整っていれば買い物ができてしまう

 

最近のコンビニやキオスクでは、自分でバーコードをあて
レジがセルフで済んでしまう。スーパーのセルフレジがコンビニにも。

 

そしてキャッシュレスがどんどん進んでいます。
ガソリンスタンドのセルフも画期的でしたが

 

今では常識。
私が20年前にアメリカに行ったときに
セルフのスタンドを見て

 

何で日本はこうならないのか??なんて思って
不思議でもありました。

 

今では買い物はネットで直接店に行かなくてもできる時代。
実店舗がどんどん少なくなる中で
どの様に皆感じ、未来を想像しているのか・・・

 

ここでひとつ気がつかなければならいのが
画像や説明を駆使し、その商品を買い手に分かりやすく伝える能力
そしてもっと大切なのが

 

相手に伝えられる表現力と発信力。

 

自ら考え行動できる力

 

そんな人間が世の中に必要とされる時代。

 

こんな激動の時代に生まれ大人になっていく子どもたち。
私たちが、小学校から高校まで12年もの間の詰め込むだけの教育

 

自分たち親にしてもらったことと自分が学んだことだけを
これからの時代を生きていく我が子に教えているだけで大丈夫なのか??

 

はっきり言って、全然そう思わない!!
その様な受け身の人間で生き抜いていける時代でなく
受け身だと、どんどん生きづらくなてきている時代

 

何か生きにくいと感じ鬱になってしまったり
体調を崩してしまったり・・・

 

そんな風に時代についていけずに苦しむ人が
後を絶たない気がしてしょうがない・・・。

 

そしてそんな風に思わずにはいられない。
私たち親が未来の子供達に伝えられることは?
私たち親が、子ども達にできることは?

 

これからの激動の時代を生き抜いていく
力や知恵をしっかりと伝えていくこと。

 

自ら考えて動けるチカラとは
言われてから動くのではなくもっと能動的でもいいし
何故そうなるのか?

 

と考え、自らその疑問にぶつかっていく
子供の頃に多くの可能性を秘める疑問力を育てる事だとも思います。

 

古き時代の日本の子供たちは
学びたい一心の探求心、追及心溢れる

 

世界でも一目置かれる存在だった
その様な記述が多く残されています。

参考のサイト語り継ぎたい日本の物語より

(語り継ぎたい日本の物語より引用)

・本当のグローバルという受け入れる能力
・個人が自立した思考になる力
・相手の気持ちを考えられる力

 

必要な勉強・知識を吸収していくことは
もちろん必要だけど

 

ロボットやAIには到底できない力は
そもそも個人個人にしっかりと持ち備えていると思っています。

 

私たち親は、そこにちゃんと気が付いてあげなければいけない。
そしてその個人の能力を豊かに育て、育んでいってあげることこそが

 

親の役割でありとても重要!!

 

この様な時代を生き抜くための
子供の可能性や資質を伸ばしてあげるには?

 

そんな風に思うお母さんたちへ
先ずは日本の素晴らしさを子供に伝え

 

自国を愛し誇りに思う歴史をしっかりと知って
子供達に伝える・・・。

 

教科書では学べない
本当の歴史を知り、他国を羨む前に

 

沢山の素晴らしい日本の歴史を知って
自国を好きになると言うこと。

 

私も初めて日本を出て暮らして
日本の良さに気がついた。

 

カナダはバンクーバーでの1年の生活で
日本のコンビニエンスストアの充実さや

 

宅急便の正確さ
電車の正確さ・・・

 

世界中見てもこんなにきっちりしている国は存在しないし
国民性も平和で優しい人種もいないと思う。

 

そして世界で最も歴史の長い国
ということさえ知らないお母さんも多いかと思います。

 

お恥ずかしながら
私もそんなことすら知らなかった自分です。

 

面白くない歴史の教え方をする日本の教育にも
問題大アリだとも思いますが!

 

それにもにもちゃんと訳があります。
そんなことも知っていく必要があると思う。

 

先ずはママ達が知って、変わっていく。お母さんたちにはそんな当たり前の
日本の素晴らしさに気が付いてもらえたらと思って止みません。

 

無邪気さを残したまま素直な大人に育ってって行って欲しいです。


海で泳ぐ手乗り子供達

 

・子どもの「自立心」を育てる教育

・言われたからやる勉強ではなく、自ら学ぶ姿勢も育てる「勉強」

・これからの時代に必要不可欠である「英語」について

・他者への思いやりや、命の大切さを伝える「性教育」

お茶会ではそんな悩めるママ達が集まり

いろんなお話や情報交換をしています。

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. コレって変?

  2. 資産作りの「極意」子供とお金の教育について、海外から日本を見る。

  3. 成果を出す手っ取り早い方法は英会話と同じ!

  4. なぜ日本人は日本と自分の魅力に気が付きにくいのか?

  5. なぜ勉強しないといけないの?と聞かれたら・・・

  6. 自分らしい仕事の見つけ方「自分の評価の軸を知る」

  7. 穴場の海水浴場!宇佐美でほっこりアサリで遊ぶ♪

  8. 保育園行かない!グズる3歳児を納得させた方法その1

  9. 平塚総合公園を楽しむ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP