注目の記事 PICK UP!

夫がサラリーマンだからできる超得する起業レシピ!

何故女性はもっと社会に出た方が良いのか?

こんにちは!

突然ですが・・・旦那様がサラリーマンの
専業主婦のみなさん・・・

 

はっきり言ってずるいですえーん
何是かと言いますと・・・

 

女性が起業するに当たり
このサラリーマンの旦那さんが特権になる
メリットの多さを知らない人が結構多い・・

得することが大ありで私からすると
よだれが出てしまうほどだからです・・・。笑い泣き

 

世の女性は知りません・・・。
保育園落ちた・・・
とかもしかしたら言っている場合ではないかも知れません・・・
(ご家庭の状況によりますが)

わざわざ仕事を探す必要もないかも知れません・・・・。
もし自分で何かをやりたい

起業したい!でも稼ぎにならないし・・?
赤字だし・・・?

なんて思っている仕事したい!起業したいママや
ビジネスウーマンさんへ知っていたら必ず得する
サラリーマンが旦那様の起業メリットをお伝えします。

 

趣味や自分の仕事で起業をするメリット

 

ここではあくまでも旦那様がサラリーマンの場合をモデルとしています♪

 

いきなりですが、自分の起業した結果
赤字でもそれでも良いのです。
事業の駆け出しは赤字企業が殆どです。

 

世の中の会社の60%以上は赤字企業と言われています。
赤字は決して恥ずかしい事でも何でもない。

 

その前に!そもそも女性の起業は基本的にローリスクで始める方が殆どです。
自営業でしたら尚更、明日にでも役所に営業届を提出すれば
それで終わりです。

 

ここで何が言いたいのかと言いますと
もしあなたのご家庭が大きなローンや家を買う

といった公的機関や銀行からの借り入れがもう
今後しばらく無いのだとしたらそれはもしかしたら
ものすごいチャンス?なのかもしれないという事です。

 

もし今何かやりたいことがあるなら
体系的にまとめて方向性が決まったら
もしかするとGO!の準備はそれでよいのかもしれません。

 

ここで一つ、1例を上げてみます。

旦那様の年収が500万円のパート主婦さんがいます。
お子様は3人、小学生、中学生、大学生です。

彼女は今年自分のサロン趣味起業しましたがそれほど儲けもないとのことで
「営業届」はまだ出していない人がいました。

 

なので昼間のパートに出て103万円の壁まで働いています。
単純計算、旦那様の所得と合わせて世帯所得が600万になります。

 

しかし、サロンをやる為に
自宅の一部屋をリフォームして120万円ほど
初期投資をしています。
その他設備や備品購入含めてです。

 

ここの部分を奥様の自営業の赤字分できちんと
所得を申告するという事です。

 

そうすると、どうなるでしょうか?
世帯所得が減ると、当然税金や健康保険の支払額も
変わってきます。600万円の所得から120万円引くと

 

480万円の世帯所得となります。
600万円と480万年の世帯所得の違いで
お子様の学費や所得税、健康保険、市民税などが
どれくらい変わってくるのでしょうか・・・?

 

世帯所得が減ると様々な支払いの金額が変わってきます。
こんな事さえ知らずに申告せず
実際に払わなくて良い税金や保険料を支払っている人が

 

結構多いのが現実ではないかと感じています。
それもそのはず、この様な勉強は
税理士さんにでもならないとわからない

 

そして自分で確定申告をして初めてわかる事なんです。
なので、サラリーマンの旦那様がいるご家庭は

 

もしかすると奥様が自営業で起業したら
得することが沢山あるの間も知れません。

 

起業して自営業になるという事は
所得を上手に調整できる、という大きなメリットがあります。

 

開業時の赤字こそメリットがある!?世帯所得を減らす?メリット

 

この様にもしあなたが何か仕事をしたい!
自分で何かをやりたい!と思っている人なら
必ずお勧めしたい起業のやり方として先ずは「自営業」です。

 

役所に届け出をすればよいだけです。
そうすると、年末に確定申告書が送られてきます。

 

何だかややこしいですが、恐れることはありません。
今の時代コンピュータに打ち込めば
税理士さんがしてくれることは機械がすべてやってくれます。
思いの外簡単に住んでしまう時代です。

 

これがたった5年前・・・このようなシステムは無料配布されておらず
時代はどんどん便利になったなぁと感じずにはいられません。

 

私は女性は自営業としてきちんと赤字でも申告し
「旦那さんの稼ぎ」=「世帯所得」から差し引き

世帯所得を低くすべきだという事を伝えたいです。
以前、ネットでお医者様の奥様も共働きで、なかなか保育園や
幼稚園に入れない、3人の子供たちが立て続けに落ちた・・・

 

といった記事を目にしましたが
ご家庭の所得が一般より高いとなかなか保育園や
幼稚園に受からないといった現状もあるようです。

例えば、奥様がご自身で会社にやとわれることなく
フリーでその会社と業務契約などができたら?

 

子育て中に、自分の仕事で起業(自営業の届け出)をしたら?
どうでしょうか?

 

上手に世帯所得を計算し
上手な節税や申告方法はいくらでもあります。
そのご家庭で様々でもありますが

 

ただ、知らないで今しかない育児や生活を
上手に自分らしく過ごすことができないのは

 

私も経験しましたが、凄くもったいない事だと思うからです。
じゃぁ育児をしながらどうするのか?

 

どうやったら自分に一番用方法が見つかるのか?
もちろんそれぞれのご家庭の状況で変わってきますが
是非旦那様に相談して、協力してもらえたらと思います。

 

中には女性の起業に対して
あまり良しとしてくれない旦那様もまだ
まだ世に多いのが実際のところ・・・

 

自分自身がしっかりと理解して、説得できれば良いですが
そこはまた別の壁であることは問題でもありますが・・・

 

いかがでしたか?
自分で申告をする・・・と聞くとちょっとハードル高そうですが
やってみると意外とそうではないのが実際です。

 

その前に、旦那様のサラリーマンという最強の特権を使って
奥様が上手に節税できる可能性がある!

 

という事が伝わっていたら嬉しいです!
お読みいただきありがとうございました♡

 

 

ん~~~、それでもよくわからない!!
という方は、女性起業に興味がある方や
働きたいママ、仕事が大好きなママが集まる
Café会を開催していますので

是非遊びにいらしてください!^^

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 会社設立に気を付ける準備と順番!

  2. 自分らしい仕事の見つけ方「自分の評価の軸を知る」

  3. 意外な落とし穴!法人口座開設について!

  4. 女性がビジネスパートナーを選ぶときの注意と5つのポイント!

  5. デキる人の逆転の発想!

  6. 知らずと損する会社設立について!

  7. スタバのおもてなしからビジネスを学ぶ!

  8. 女性起業のススメ

  9. 成功する人としない人の違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP